新たに土壌汚染 解決サービスの提供を開始/SOMPOリスケアマネジメント

ニュース

  • 2018.06.08

一般財団法人ハトマーク支援機構は、SOMPOリスケアマネジメント株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:布施 康、以下、「SOMPOリスケア」)と提携し、このほど、47 都道府県宅地建物取引業協会(以下、「宅建協会」)の傘下会員事業者(以下、「宅建協会会員」)に対して、SOMPOリスケアが提供する『土壌汚染 解決サービス』の提供を開始いたします。

このたびのSOMPOリスケアとの提携により、不動産業の安定した経営や業務軽減、顧客満足度アップにつながる『土壌汚染 解決サービス』を全国の宅建協会会員様へ提供することにより、同機構は会員様を支援して参ります。

■ 土壌汚染 解決サービス の概要
当該地の土壌汚染が懸念される場合に、SOMPOリスケアが土壌汚染について調査(机上調査、現地調査など)を行い、当該地の汚染のおそれを評価します。

さらに、本サービスでは、当該地の土壌汚染について、①ないと思っていた汚染が見つかった場合に必要となった費用、②あると思っていた汚染が予想以上に広がっており追加で必要となった費用、を損害保険の活用でヘッジすることが可能です。SOMPOリスケアが売主または買主のご要望に応じて提供します。

土壌汚染に対する懸念から土地売買が滞るような場合に、本サービスを活用することで土地売買が円滑に進み、不動産会社、お客様の両者にとってメリットが期待できます。

ハトマーク支援機構は、今後も宅建協会会員様の事業支援を強化する、魅力あるサービスを提供して参ります。

本サービスの詳細はこちらから