ナーブ株式会社と提携し、新たに「VR内見™」ハトマーク会員専用プランの提供を開始

ニュース

  • 賃貸・管理の場面で
  • 2018.11.01

ハトマーク支援機構(理事長:和氣猛仁)は、ビジネスVR最大手のナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起、以下、「ナーブ」)と提携し、このほど都道府県宅地建物取引業協会に加盟の会員事業者(以下、「宅建協会会員」)に対し、「VR内見™」のハトマーク会員専用プランの提供を開始いたします。

■「VR内見™」・ハトマーク会員専用プランの概要
ナーブの「VR内見™」は、不動産・建設業界におけるスタンダードとして大手企業での活用が進む一方、中小不動産会社にとってはオーバースペックな部分があり導入にハードルがありました。
そこで、“地域の不動産店”でも使いやすいソリューションをテーマに協議を重ね、あらたにハトマーク会員専用プランを設計致しました。中小規模の企業にとっても実効性の高い効果的な業務支援ツールを提供することが可能となり、不動産業務の効率化だけでなく近年課題とされる空室対策としても効果が期待できます。

商品についてはこちら

「VR内見™」の接客の様子(イメージ)

■ナーブ株式会社について
ナーブ株式会社(NURVE)は、「“完全情報”を提供し、人の暮らしをもっと豊かにすること」をミッションとして、VR技術を活用した今までにないプラットフォームを提供。実用的でビジネスに活用しやすいVRシステムは、不動産、建設、旅行、航空、船舶、自動車といった様々な業界で、多くの大手企業に活用されています。
ナーブは、VR業界におけるマーケットリーダーとして、企業の迅速な意思決定と変化対応能力の向上を支援するとともに、企業の顧客満足度向上にも役立つシステムを提供します。

VR端末「CREWL(クルール)」で見ることで、左右の視差で立体的に部屋の様子がわかる