費用も時間もかからない玄関ドアのリフォーム方法/3M™リフォームシート施工

お役立ち情報

  • 賃貸・管理の場面で
  • 売買の場面で
  • 2019.02.08

築年数が経過して色あせやキズが目立つ中古住宅・賃貸管理物件の玄関ドア。

取り替えほど費用も掛けず、塗装工事ほど時間も掛けずにリフォームできる方法があります。

それが、3M™の玄関ドアリフォームシートです。

3M™玄関ドアリフォームシートは、様々なドアに対応可能な玄関をリフォームするためのシートです。

表面のフッ素加工で耐候性・耐久性に優れ、汚れも簡単に落とせます。施工は、玄関ドアにシートを貼るだけ。塗装のような臭いや長い乾燥時間は必要ありません。

■3M™玄関ドアリフォームシートの特徴
①凹凸にも貼れる

特殊な粘着剤を使用しているため、曲線追従性が高く、プレスドアの凹凸部分もキレイに貼れます。
②日焼け、キズに強い
通常塗装リフォームでは日焼けが目立ちますが、丈夫でキズがつきにくく日焼けにも強いので美しさが長持ちします。
③お手入れ簡単
水洗いや中性洗剤のご使用で輝きをすぐに取り戻せます。

■実際の玄関ドアへのフィルム施工方法(引用)3M™ ダイノック™ フィルム 施工方法のご紹介 [玄関ドア編]

■このフィルムを使うには
このフィルムを使ってリフォームを行いたいという事業者のために、3Mでは施工トレーニングコースを3Mのトレーニングセンターで定期的に開催しています。
引用元:3M™ダイノック™フィルム 施工トレーニング(http://www.mmm.co.jp/cmd/dinoc/training/index.html#contents

トレーニングコースは初級コース、中級コース、ネオシリーズ(水廻り専用)の3つからお選びいただけます。トレーニング時間の中で、フィルムそのものを貼る実習時間を多くとっているので、初めての方には貼る自信につながる内容です。
詳しくはコチラ

自分では施工はしないけどお客様にリフォーム提案を行いたいという会員様には、住友3M特約施工店・㈱キクテックによる施工工事もご用意いたしました。
㈱キクテックでは、日々貼り工事を行っている職人が全国に多数おりますので、仕上がりはお任せください。
詳しくはコチラ