国土交通省が「空き地対策の推進に向けた先進事例構築モデル調査」の提案募集を開始

ニュース

  • 共通
  • 2019.04.24

国土交通省では、各団体が行っている地域における空き地の状況把握や利活用等を促進する先進的な取組を支援するため、この度「空き地対策の推進に向けた先進事例構築モデル調査」の提案募集を開始しました。

1.対象となるモデル調査
空き地対策に関し、NPO団体や民間事業者、法務や不動産の専門家、市区町村等が単独もしくは連携して行っている下記のような先進的な取組に対し、国がその実施に要する費用の一部を国の直轄調査を通じて支援。
(1)対象区域又は対象とする土地における空き地、空き地の所有者、関係権利者等の状況把握
(2)関係法令・事例等の整理、取組スキームや運用方針等の作成
(3)近隣住民等との勉強会、合意形成の取組
(4)実際の空き地に適用して適正管理や利活用する試行的な取組   等

2.支援対象
(1)NPO団体や民間事業者
(2)大学、専門家等により構成される団体等
(3)地方公共団体(ただし、(1)または(2)と連携した取組を優先的に選定。)
※(1)、(2)については自治体からの推薦が必要。

3.応募について
(1)応募期限 : 平成31年5月23日(木) 12:00必着
(2)応募方法 : 以下の事務局まで、メール等により「応募資料」を提出

4.選定方法
事務局が設置した学識経験者等で構成する有識者委員会の評価を踏まえ、6月を目処に国土交通省が採択事業を決定し、応募者全員に結果を通知。

募集要項や応募様式などの詳細は国土交通省HPをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo02_hh_000120.html

■お問い合わせ先(事務局)
株式会社日本能率協会総合研究所 交通・まちづくり研究部
電 話 : 03-3578-7515
E-mail : syaken_02@jmar.co.jp