国土交通省が登録家賃債務保証業者シンボルマークを制定

ニュース

  • 賃貸・管理の場面で
  • 2019.05.08

家賃債務保証業者登録制度とは、適正に家賃債務保証の業務を行うことができる者として一定の要件を満たす家賃債務保証業者を国に登録する制度で、平成29年10月に創設されています。

国土交通省への登録家賃債務保証業者は2019年4月12日時点で61社です。

国土交通省では、この制度のより適切な運用と一層の周知・普及を図ることを目的に、登録業者であることを示す登録家賃債務保証業者のシンボルマークを制定し、その使用が開始されました。

詳しくは、国土交通省HPをご覧ください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ハトマーク支援機構は国土交通省の登録家賃債務保証業者である株式会社Casaと提携し、宅建協会会員様向けの商品をご案内しています。

株式会社Casaがご紹介する家賃保証「collect+(コレクトプラス)」は、家賃保証に加えて、家財補償、24時間駆付け、家賃集送金をワンパッケージで提供する商品です。

宅建協会会員様が入居者様に本商品をご紹介する場合は予め代理店登録が必要となりますが、ご紹介し成約の場合には代理店手数料がございます。

商品の概要や代理店登録手続きなどの詳細は、以下のリンク先ページ内の「宅建協会会員向け詳細情報」をクリックし、当サイトのログイン用ユーザー名パスワードの入力の上ご確認ください。

詳細はコチラ