経産省が中小企業の第三者承継を総合的に支援する「第三者承継支援総合パッケージ」を策定。官民連携で10年間で60万者の事業承継を目指す。

お役立ち情報

  • 共通
  • 2020.01.08

経済産業省が後継者不在の中小企業に対する第三者による事業承継を総合的に支援するための「第三者承継支援総合パッケージ」を策定しました。

承継時の税負担を実質ゼロにする「事業承継税制」など、経産省による事業承継を促進するための支援策を講じていましたが、今般黒字廃業の可能性のある中小企業の技術・雇用等の経営資源を次世代の意欲ある経営者に承継・集約することを目的に、「第三者承継支援総合パッケージ」がとりまとめられました。
https://www.meti.go.jp/press/2019/12/20191220012/20191220012-1.pdf

事業引継ぎ支援センターの無料相談体制の強化や、事業引継ぎ支援データベースと民間事業者への開放、スマホアプリを活用したマッチング等しくみの提供など、このパッケージの下で官民の支援機関が一体となり第三者事業承継の促進を目指すための取り組みが掲げられています。

経産省では、現在年間4,000件弱である中小企業の第三者事業承継を、年間6万者、10年間で60万者を目指しており、3月には本パッケージの実施に向けたキックオフの場として「第三者承継推進徹底会議」の開催されることからも、その動向に注目したいところです。

経済産業省ホームページ「第三者承継支援総合パッケージ」プレスリリースhttps://www.meti.go.jp/press/2019/12/20191220012/20191220012.html

なお、ハトマーク支援機構でも、全国の宅建協会会員様の第三者事業承継を支援するため、第三者事業承継マッチングプラットホームを運営するバトンズと12月に事業提携いたしました。
このマッチングプラットホーム『Batonz(バトンズ)』により、高齢や後継者不在などを理由に廃業を考えている宅建協会会員様と、事業を拡大したい宅建協会会員様や宅建協会への入会予定者様をマッチングし、会社や事業経営のバトンタッチを支援してまいります。

■『Batonz(バトンズ)』のポイント
(1)東証一部上場で累計成約実績4,500件の日本M&Aセンターのグループ会社が行う第三者事業承継マッチングWEBサービスです。
(2)売り希望側が「Batonz」に登録し、買い希望側とのマッチングの際に「承継アドバイザー」という全国の公認会計士や税理士等士業の専門家が間に入り、会社や事業を譲りたい方から引き継ぎたい方への経営のバトンタッチをサポートします。

■詳細
ハトマーク支援機構のホームページからご覧いただけます。
https://www.hatomark.or.jp/business-operator/2937#2938

■お問い合わせ先
株式会社バトンズ
TEL03-5218-5088