国土交通省が「不動産業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を公表

お役立ち情報

  • 共通
  • 2020.05.22

国土交通省が「不動産業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を公表しました。

不動産業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(PDF)

このガイドラインは、不動産事業者の事務所や案内所等取引の現場において、各事業者の取引等の実態に応じた新型コロナウイルス感染予防対策を行う際の基本的事項について、参考としてまとめたものです。

■掲載項目
(1)感染予防対策の体制整備
(2)健康確保
(3)勤務・通勤形態
(4)事務所等における勤務
(5)休憩・休息スペース
(6)トイレ
(7)設備・器機
(8)従業員に対する感染防止策への啓発等
(9)感染者が確認された場合の対応
(10)事務所等における顧客との対応
(11)取引物件の対象となる現場での対応

勤務体制や事務所まわりなど業種業態問わずあらゆる事業所が注意すべき項目と、来店接客や内見など対面業務の対応の基本的事項がまとめられています。

業務や企業規模によっては馴染まない項目や記載内容もあると思いますが、「新しい生活様式」に代表されるように、今回のコロナウイルスで消費者の意識は確実に変化しており、今後は感染防止策を講じているかどうかが店舗を選ぶ判断基準のひとつになるかもしれません。

是非ガイドラインをご一読いただき、この内容を基に各社がアフターコロナも見据えた対応策を検討し、消費者に「感染防止の対応をしている会社」がアピールできる準備を進めていただければと思います。

なお各項目、現場の実務対応事例も簡単に紹介されており、(10)や(11)の対面業務の項目では、VRやバーチャルツアーなど、非対面で接客や内見が行えるWEBサービスの活用もおススメされています。

ハトマーク支援機構では、それらの非対面業務を支援するサービスをご紹介していますので合わせてご活用ください。

・バーチャルツアー「THETA360.biz」
→6月30日までの期間限定でお得なキャンペーンを実施中です。
https://www.hatomark.or.jp/topics/3213